アクションプラン

令和3年度 ○アクションプランを教師側の目標として取り組みます。

【知部門】『家庭学習の習慣化と基礎学力の充実を図る』

学活ノートを生かした家庭学習の取組時間を意識させる指導を毎日短学活で100%実施することを目指す。

【徳部門】『思いやりの項目を基盤として、生徒の道徳性の向上を目指す』

思いやりの項目に関わる道徳の授業を学期に2回以上実施する。また、副担任とのTTによる活動を100%実施することを目指す。

【体部門】『望ましい生活習慣を身に付けるための積極的な保健指導に努める』

学活ノートを生かした起床・就寝時刻と朝食の有無を意識させる指導を毎日短学活で100%実施することを目指す。

令和2年度

〈プラン1〉学習基礎学力の充実のための家庭での学習習慣の定着
家庭学習時間1日平均、1年生86分、2年生103分、3年生120分(1週間合計、1年生10時間、2年生12時間、3年生14時間)の生徒の割合を80%以上にする。

〈プラン2〉生徒指導互いに認め合い、思いやりの心を育てる学校づくり
 「周りの仲間と協力し合ったり、助け合ったりして学校生活を送っている」と答える生徒の割合を95%以上にする。

〈プラン3〉健康・安全指導基本的な生活習慣の定着
 「毎日を心身共に健康に過ごすため、調和のとれた『食事』、適度な『運動』、適切な『休養・睡眠』をとっている」と答える生徒の割合を80%以上にする。

2020年度 学力向上拠点校

授業の約束立腰の姿勢に取り組んでいます。

アクションプラン 具体点 わたしたちのアクションプラン